警察署の沿革イラスト
  明治20年5月1日、苫前郡苫前村に、増毛警察署苫前分署が設置され、苫前村、羽幌村、初山別村、遠別村、天塩村、上川郡の内名寄村を管轄することからはじまります。

  明治28年4月、羽幌村に巡査駐在所が新設され、明治29年2月巡査部長派出所となりました。明治32年8月14日、増毛警察署苫前分署から独立して、増毛警察署羽幌分署となり、明治33年2月増毛警察署苫前分署は廃止されました。

  大正15年7月1日、増毛警察署羽幌分署から、羽幌警察署に昇格しました。

  昭和23年3月7日、警察法の施行に伴い、羽幌町を管轄する羽幌警察署と、苫前町、初山別村、天売村、焼尻村、小平村、鬼鹿村を管轄する国家地方警察羽幌地区警察署が設置されました。

  昭和29年7月1日、北海道警察組織条例の公布により、羽幌警察署と羽幌地区警察署は北海道警察に統合され、署名を北海道旭川方面羽幌警察署と改称し現在に至っています。
大正12年当時の庁舎写真 昭和34年当時の庁舎写真
大正12年建築の庁舎 昭和34年建築の庁舎

メイン画面に戻る